ねむりたりない

にんげんは1回目なので

KAJALLA#3を見たのでネタバレ禁止感想文とその他もろもろ

3月になりました。もう4日も経っているんですね、ひなまつり○○というような取ってつけたイベントも多く開かれ、私も会社で巻き込まれました。ひなまつりだから○○をしてください、と言われてもあまりしっくりこないです。ひとり暮らしでは雛人形は飾らないし、雛あられは食べないし、私の知識では起源も実は朧気で、もう幼稚園児じゃないのでお遊戯や発表会をする場面もないので雛祭りのうたも歌わないし、何も関係ないって思うのに巻き込まれるんですね。長いものに巻かれたいわけじゃないのに巻き込まれてしまうのは腑に落ちないなっていつも思います。私はやりたくないものはやりたくないって言える人になりたいなあと思うんです。

 「ちょっとした贅沢」としてKAJALLA#3 働けど働けど の横浜公演、初日を観劇しました。2/28 19:00からの講演でした。KAATにはカジャラ1ぶりに来ました。2年ぶり2回目の観劇です!

f:id:ka2716:20180303185440j:image

KAATのこの壁の装飾がインパクトあって初めてのKAJALLAの時から好きです。

f:id:ka2716:20180304142356j:image

斜めになってるポスター写真はどうやってとったのだろうと疑問が絶えません。一番最初のシーンで答え合わせ的な事が起こるのですが、全員で「せーのっ」とタイミング合わせて写真を撮っているのだとしたら私なんかキュンってするなと思いました。

 #2で見た竹井さんがオフィスで仕事をしている所を小林賢太郎と辻本さんが歌を歌って邪魔するようなやつがまたあってほんと好き…フォーマット作ってすぐなぞる~って思った。歌うまい。

野間口徹が働きすぎだと思った。ツッコミとして大働きしてた。

Instagramに気持ち悪くも感想文を投下していたのでそちらを再度掲載してKAJALLA#3のネタバレ禁止感想文を終わりにします。

社会人として働きはじめてから「働けど働けど」というテーマのコントを見れてなんだか毎日している労働や賃金の意味や価値について考えたりもした。また改良の加わった状態のコントが見たいと思うが、その頃はチケット取れるだろうか。美しいほどのテーマ回収もあり、わちゃわちゃと楽しそうにしている演者を見て微笑んでみたり。仕掛けが多くてもっと見たいと思った。今回は私にとってとてもしっくりきたし理解しやすかったかもしれない。見にきていたみなさんもそうだったのかもしれない。カーテンコールの呼び込みの拍手も控えめで、観劇者から賢太郎さんに説明させることなく理解したよという意味だったのかも。8列目の21番目という限りなく前方真ん中という最高の距離でのコント観劇たまらなかった。ドキドキした。また明日からこれを思い出して働けそう。です。

カテコでは初日なので至らない点もありましたが、というようなことを賢太郎さんが言っていたけど、多分初日の良さを私は経験できたからそんなことないけどなあって思ったりしました。

KAJALLAの話はこれで終わり。

 

一緒に舞台を見に行ってくれたお友達にお誕生日プレゼントを貰いました。

f:id:ka2716:20180304045742j:image

お皿が欲しいなとリクエストをしていたら本当に可愛いものをいただいた。本当にこのお皿かわいい。たまらん。このお皿が可愛すぎるから私、色違いで同じお皿欲しいって思って調べたらお店がおうちの近くにあったから探しに行こうって思ってます。可愛いんだああ。色違いで黄色がピンクがあったら絶対に可愛いと思うんです。緑色とピンク色は葉桜の色で大好きなんです。ぽやぽや。お皿はこだわり出したらしまう場所無いのに買い集めそうで怖かったんだけど、可愛いものを手に入れてしまったから必要で可愛いものだけを買うって決めた!今は何となくでもってるお皿も買い換えちゃうことにするの。

ということで、3月になってしまったからまた心機一転がんばろう。

 

 

小林賢太郎コント公演 カジャラ#2『裸の王様』Blu?ray [Blu-ray]

小林賢太郎コント公演 カジャラ#2『裸の王様』Blu?ray [Blu-ray]