南キャン山里とオードリー若林の「たりないふたり」がリアリティがあってすきだという話

こんばんは、かやです。

生きていると、唐突に「もう、だめぽよ」な日が来ますよね。「だめぽよ」ってなんだよとお思いかと存じますが、ポップに申し上げると「だめぽよ」なだけであって、飾り気なく表現すると「無意味に死にたい」でございます。

先日、肌荒れしたぽよ~~とかほざいていておりましたが、その後は瞬間的に回復し、やったぜこれで残暑を乗り切れる!花粉の時期まで安泰!!と思った矢先に、また肌荒れしてしまいました。なんなんだ!!!!やはり健康的な食事をとることが出来ない自堕落な人間の元には健康的な肌はやってこないのですね。生活力の高い人間と肌が強い屈強な人間に憧れています。

肌荒れのショックと無意味な厭世感を振り払おうとしゃにむにAmazonのタイムセールを眺めていたら、HDMI端子がとても安かったので、「そういえばノートパソコンをテレビにつないで大画面で見たいから欲しかったんだよ~~」「でも、なぜかテレビのHDMI端子が埋まってるから使えない…」「なんでだ??」と頭にはてなが浮かび、テレビの配線をよーく見てみると、見てもいないJ-COMのケーブルTV用のマシンにHDMI端子が刺さっていることに気が付きました。そして、愚鈍な私は、はっとしてJ-COMのマシンからHDMI端子を引っこ抜き、パソコンに接続しましたとさ。めでたしめでたし。

ここまでが今日の話題の枕です。肌荒れとだめぽよの話はしなくてもよかったのかもしれない。そういうのは気にしてはいけない。書きたいことを書くためのブログだもの!!!と拳を高く振り上げましたが、大体はこういうくだらない部分が書きたいだけであって本編はあまり身のつまらない記事になるのが関の山なんですよね。自分にはがっかりです。

ということで、前置きが長くなりましたが、HDMI端子が使えることがわかりましたので、数か月ぶりに解約していたHuluを再契約しました。折角再契約をしたのだから、何か見ようかなと思うもいつも見ていたものをまた昔のように見ることにしました。

挑戦しない性格また同じランチメニューを選択。というmihimaru GTの俄然yeah!を思い出しました。 

俄然Yeah!

俄然Yeah!

  • mihimaru GT
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

明るい気持ちになるので敢えて2017年の今、聞いてみてください。

話が脇道にそれましたので戻しまして。大好きな「たりないふたり」についてですが、南キャン山里とオードリー若林が2012年くらいに深夜で楽しく遊んでいた伝説的に面白かった番組です。若林がまだ人見知り発揮していたころですね。

彼らの番組のどこが好きかというと社会にうまく適合できない、こういうところをマジョリティーに合わせるのが辛い!本当はこういうことをしていたいという願望がたくさん詰まっているところが大好きです。

飲み会から帰りたい話や飲み会の誘いをいかにうまく断るか、それはどういうテクニックを駆使しているかという発表会を見る感覚とても飾り気がなくてほのぼのとします。苦手な上司の話を適当な相槌でごまかしたいが、相手に不快感を与えないためにはどうしたらいいか。その結果が、サザエさん一家のタラオのようにマメに「です~」「ですか~」をちりばめてその場をやり過ごそうというどうにかならないかな願望となるべく人を傷つけないようにしようとする細やかな気の配り様まで垣間見える始末。ならば、そんなこともしないで白状にも「敢えて聞かないこと」「勇気を出していかないこと」をチョイスしてしまえばいいのにと思うけれど、断り切れずに飲み会に参加してはその技を生み出してしまう山里の優しさに触れるだけで私は心が温かくなります。

恋愛がたりないという回では、自身が日ごろ行っている妄想を思う存分疲労して楽しくなる山里と若林がとてもはじけていて好きです。私は、山里のバトルものへ変換したがるところと、どことなくジャンプ漫画を思い出させる長い決闘シーンが笑えるので好きです。若林はまだちょっと殻を破っていない様子をみせてクレイジーを演じて逃げるところも好きです。

なのでたりふたを知らない人には見てもらいたいな~と思って記事を書いたのだけれども、あんまり上手におすすめできなくて山里の好きなところだけをお伝えする形になってしまったけれど、若林も大好きです。

もっとたりないふたりで漫才作り上げているときの彼のノートなんかはエモくてエモくて最高でしたし、山里の営業妨害をして喜んでいる姿などはとてもかわいいと思います。

ところで、彼らの深夜ラジオのフリートークゾーンにたびたび登場するCreepy Nutsがたりないふたりの大ファンであることは有名すぎる話かと存じますが、Creepy Nutsが「たりないふたり」をオマージュして作った楽曲「たりないふたり」がとても素敵なので、ここに置いておきます。

オードリーのオールナイトニッポンの春日欠席回、もといCreepy Nutsがゲストの回は、春日の代役になり替わろうと頑張った松永の健闘を称えて手放しで喜ぶ回だと思っております。 

たりないふたり

たりないふたり

  • Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
  • ヒップホップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Creepy Nutsがはじめてなあなたにはイージーな曲を2つ。もう耳障りがたいへんよろしいヒップホップです。ただ、どことなく陰気臭いところが深夜ラジオリスナー感が強くてとても好感が持てます。 

合法的トビ方ノススメ

合法的トビ方ノススメ

  • Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
  • ヒップホップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

合法的とついているだけあり、ドラックになんか頼らないで音楽にノって気持ちよくなろうぜという当たり前チューン。PTAも納得の1枚。 PV結構面白いけれど、貼り付けるほどではないので探してみてください。

助演男優賞

助演男優賞

  • Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

どんなに頑張ってもマジョリティーにならない、表舞台に立たない彼らCreepy Nutsのスタンスを皮肉った一曲。という紹介で合ってるのだろうか?R-指定はラップバトルのトップオブトップであることに違いはないし、DJ松永も技術はピカイチというではないか。これ、どう説明したらいいのだろう。PVが面白いのでそちらにも注目してみてください。

www.youtube.com

だいぶ好き勝手に書きなぐることができたので、これにて解散。